忍者ブログ
月~金まではシステムが稼動しており為替(FX)の動きを見ることができるのですが、土日はシステムがお休みになってしまいますので見ることができません。ローン
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[12/25 歯列矯正]
[12/25 受託開発]
[10/14 非破壊検査]
[04/14 網頁設計]
[04/14 不動産]
カテゴリー
フリーエリア
最新TB
(09/27)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
[61] [60] [59] [58] [57] [56]
             
     
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     
             
             
     
東日本大震災で被災した岩手県陸前高田市の少年たちに向け、サッカーJFL・町田ゼルビアのMF酒井良選手(33)が中心となってゴールポストを贈る企画が始まった。「子どもたちに夢とゴールを届けよう」と募金を募っている。ゼルビアの試合があった町田市立陸上競技場で7月30日、入場口前などに募金箱が置かれ、サポーターらが次々と訪れた。相模原市の会社員林正浩さん(48)は「現地の状況はひとごととは思えない。逆境にめげず、前向きにサッカーを楽しんでほしい」と話した。そのため、在校生は自宅から教習所へ通っていく形をとるが、一部の自動車教習所では寮やホテル、旅館といった宿泊施設に泊まりこみながら教習を行う、合宿免許と呼ばれる合宿教習を行っている所もある。「絵本を読んでいる間だけでも、温かい気持ちになってもらいたい」と絵本持ち寄りを発信した酒井選手。今回は「近所の広場でゴールに向かってボールを蹴っていたのが僕のサッカー人生のスタート。このプロジェクトで贈られるゴールが、子どもたちの新たなスタートになることを祈っています」と呼び掛ける。主催は酒井選手が理事のNPO法人「読み聞かせ文庫」。絵本約1500冊をゼルビアの試合時などに集め、被災した福島県相馬市の図書館に届けている。今回は陸前高田市長が町田出身という縁で同市の状況を聞き、当初は子どもたちを町田に招くことを検討。だが、親元を離れにくい現状もあり、ゴールポストのプレゼントを決めた。
[関連情報]http://ladyga.seesaa.net/article/218308908.html


PR
     
             
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]