忍者ブログ
月~金まではシステムが稼動しており為替(FX)の動きを見ることができるのですが、土日はシステムがお休みになってしまいますので見ることができません。ローン
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新CM
[12/25 歯列矯正]
[12/25 受託開発]
[10/14 非破壊検査]
[04/14 網頁設計]
[04/14 不動産]
カテゴリー
フリーエリア
最新TB
(09/27)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
[8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
             
     
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     
             
             
     
公共の場で騒いだり、保護者の手から離れて走り回ったり
お店では商品をベタベタ触っても注意も叱りもしない保護者。
病院の待合席でも足をバタバタさせたりソファーの周りをふざけながら
歩き回ったりしても注意、叱りもしない。

問題は子供ではない、その行動に対して対応(注意、叱責、為替躾)しない保護者。
保護者はというと「子供だから仕方ないじゃない」と見て見ぬ振りか、雑誌や携帯<病院にも関わらず)自分のことで夢中。

以前病院の待合室で私のところに子供がやってきて仕方なくしばらく相手をしていても
保護者はいつまでも気付かず「あ、(迷惑かけて)申し訳ありません」や
「相手していただきありがとうございます」などの挨拶もなし。
気づいても、私(他人)より喜ぶ我が子に満足の様子。会釈もなし。
満足したら我が子を連れ戻すどころかほったらかしでまた自分のことに夢中。
狭い病院の通路でも【ベビーカー】は子供が乗ってなくても開きっぱなし。
すべて「子供だから理解してよ」「子供抱えてたいへんなんだから配慮してよ」と他力本願。
病院に限らず、公の場所でお子様連れのファミリーのマイワールド主義が
社会性が欠如。

前にどなたかおっしゃっていたようにマイカーの普及、レストラン(居酒屋)個室、お子様連れ専用コーナー、お子様連れサービスの増加
公共の場で楽しんでいたものが家でもできるようになるなど玩具の進化(ゲームなど)で
順番を待つのに並ぶ、自分の番になっても長時間できない、周りへの配慮での行動制限(騒がない、歩き回らない、子供連れだから遠慮しておこう!など)
こういう社会性、躾、引越し教育する機会がどんどん減ってきてワガママ放題へとなるのでしょうね。

昔は公の場所で色々な大人たちが(スタッフ、先生、通行人、近所の方々など)
「こら、僕走ったら危ないよ」「ここは病院だから静かに」
「(保護者に)すみません、危険ですのでご遠慮ください」
「(保護者に)規則ですので、ご遠慮ください」など
スタッフ、大人も毅然と注意、叱っていいと思いますね。
PR
     
             
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
多重債務の苦しみから脱出するための方法を解説しています。多重債務の苦しみから脱出するための方法を解説しています。
多重債務 URL 2009/01/19(Mon)15:34:31 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]