忍者ブログ
月~金まではシステムが稼動しており為替(FX)の動きを見ることができるのですが、土日はシステムがお休みになってしまいますので見ることができません。ローン
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新CM
[12/25 歯列矯正]
[12/25 受託開発]
[10/14 非破壊検査]
[04/14 網頁設計]
[04/14 不動産]
カテゴリー
フリーエリア
最新TB
(09/27)
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
[61] [60] [59] [58] [57] [56] [55]
             
     
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

     
             
             
     
立川商工会議所(立川市曙町2丁目)が市内の企業などで使った電力量をグラフで示す「見える化プロジェクト」を始めた。分電盤に電力使用量を測るセンサーを取り付け、電気を多く使う時間帯や消費量の多い電気機器を確かめてもらい、節電を促す。多摩信用金庫(本部・立川市)の場合、政府の電力使用制限令を受けて今夏の節電目標を前年比で15%削減とした。本支店75カ所と本部で照明の約半分を間引く計画を立てたが、照明だけの節電で目標が実現できるのか見きわめがつきにくかった。4月末にセンサーを取り付けて「見える化」を試したところ、照明だけで全体の電力使用量の約4割を占めることがわかったという。同社の担当者は「照明を間引くことが有効だと分かり、目標達成のめどがついた」と喜ぶ。合宿免許は宿泊滞在型ですのでさまざまなところから免許取得の目的の為やってきます。分電盤に大きさ2センチほどの小型センサーを取り付け、各部屋やコンセントごとの電力使用量や時間帯のデータを約1週間分蓄積し、グラフにする。日本商工会議所の地球温暖化対策事業の一環で、立川商議所は昨秋から企業に導入を呼びかけている多摩信用金庫南口支店では消灯や照明器具撤去などで照明の42%を間引き、電力使用量を昨年の1日あたりの最大消費電力量より18.7%減らすのが目標。照明と空調の節電により、電気料金を昨年7月より約3割節約できそうだという。
[関連情報]http://ladyga.seesaa.net/article/218308476.html



 
PR
     
             
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
忍者ブログ [PR]